大阪府豊中市|制御盤の設計・製作なら線職人のいる盤屋さんへ

制御盤にも”かかりつけ医”を持ちましょう

みなさまのお仕事でお使いの機械や制御盤、メンテナンスはどうされていますか?

社内にメンテナンス担当の方がいたり、定期点検をしている機械屋さんが既にいらっしゃれば安心です。

制御盤の調子が悪くなったときに相談できる先がないお客様は、これからぜひ制御盤の「かかりつけ医」を作ってください。

かかりつけ医をおすすめする理由

社内に電気や機械に詳しい方がいらっしゃらない場合、トラブルが発生しても「何が起こっているのか」を社外の人に説明するのに非常に苦労されると思います。

弊社でも、お客様からトラブルのご相談をいただければ真摯に対応します。が、初めてのお客様ですと「そもそもどんな機械で、正常時はどんな動きをしていたのか」をまずお聞きして、何が発生しているのか・何が原因なのかを探っていくことになるため、原因究明にお時間がかかることもあります。

そんなとき、普段からお付き合いのあるお客様であれば、機械・制御盤の概要や、お客様のお仕事内容、どんな部品が使われているのか、そしてどこが壊れやすそうなのか、といった見当がついているので、連絡をいただければすぐに原因や対処策を提案することができます。

制御盤の故障によってお客様の業務が長期にわたり止まってしまうことのないよう、ぜひお客様のご近所で、制御盤のかかりつけ医を見つけてください。

もし弊社がお客様の近所ならば、ぜひ一度弊社にご相談ください!

弊社は、「社内で電気・設備担当を雇うまでの予算はないが、何かあった時に対処できる人が欲しい」といったお悩みをのお客様に代わって、制御盤関係のメンテナンスをお請けすることも可能です。機械のメンテナンスは少々専門外ですが、機械屋さんとの交渉などを代わって対応することも可能です。

弊社は、電気に詳しくないお客様にも「何が起きていて、何が原因なのか」を分かりやすく説明させていただきます。修理にあたっておおよその部品代や作業代についてもきちんと提示した上で作業いたします。

実際にあった事例では、お客様が機械のトラブルの際に機械屋さんから受けた説明が、難しい用語などが多かったためによく理解されていらっしゃらなかったようでした。そこで、お客様から弊社の方で内容をお聞きして、再度かみ砕いてご説明することで、お客様に「言われていることが分かって助かった」と喜んでいただけた事例もございました。

ぜひ、お気軽にご相談ください。